理想の新築一戸建ての探し方 福岡編

新築一戸建てをあつかう福岡の会社BEST5ココをclick!

新築一戸建て住宅の保証とは

 せっかく購入した新築一戸建てに万が一欠陥があったら!?購入後にどんな保証が受けられるか説明します。

購入後にはどんな保証が受けられるの?

夢の新築一戸建てを購入し、新しい家での新生活を始めたばかりなのに、屋根の雨漏りが…。床が傾いて、ビー玉がコロコロと端まで転がってしまう…。

こんなことになってしまった場合、買主は、瑕疵(かし)担保責任による保証、新築住宅における保証を受けることができます。

欠陥住宅ということが分かったら…

住んでみて初めて、雨漏りがする、床が傾いてる、などの欠陥があきらかになるケースがあります。外から見てわからないようなところに問題が見つかった場合には、住宅を販売した不動産業者に瑕疵担保責任が課せられます。

このために、買主は業者に無償で修理してもらうことができます。床が傾いていたために転んでケガをした、というように、欠陥のために損害が生じている状況には、その損害の補てんも求められます。

もし、欠陥のために到底住むことができないときには、物件の売買契約そのものを解除することもできます。

新築住宅には10年の保証期間がある

新築一戸建て住宅を購入した場合、10年間は保証の範囲に入ります。これは、ずさんな欠陥住宅が相次いで社会問題となったときに法律によって定められたもので、住宅の基礎部分、柱や梁(はり)、外壁といった、家の重要な部分についての保証です。

もし、期間内に柱が傾いているなどの欠陥が見つかった場合には保証でカバーされます。10年超えれば保証が切れるので、雨漏りなどは買主が修繕しなければなりません。

もっとも、新築住宅の住宅設備や壁紙などは保証の範囲外です。このような部分をアフターサービスとして保証している業者もあります。瑕疵担保責任も新築住宅の10年保証も法律によって決められています。

業者が倒産してしまった場合や、修繕や損害賠償が求められない場合もあります。そのためには、業者が保証金の供託をしているか、保障に入っているかどうかチェックしておくと安心でしょう。