理想の新築一戸建ての探し方 福岡編

新築一戸建てをあつかう福岡の会社BEST5ココをclick!

マネープランの立て方

新築住宅を購入するうえで重要な資金計画についてまとめました。

新築の住宅ローン組立てのコツ

新築住宅を購入するうえでもっとも重要なことは、資金計画です。

住宅ローンで無理のない返済プランを立てるためにも、まずは頭金として現段階でいくらまで払えるかを固めておきましょう。
また、新築住宅の価格以外にも諸費用がかかってきます。
これらを踏まえたうえで、借入額はいくらか、毎月の返済額はいくらかなどトータルな点で考慮した資金計画を立てることが大切です。

頭金と借入額

頭金は、物件価格の10~20%必要だといわれています。
これは、金融機関によっても異なりますが、住宅ローンの借入額は物件価格の80~90%くらいが最高だからです。

低額の頭金でも購入できると宣伝している不動産会社もありますが、頭金が少なければ少ないほど、ローンの借入額が多くなり、毎月の返済負担が増えることに。さらに利子が高くなるので、余計な負担も増えてしまいます。

ただ、自己資金が少なくても金利や税制措置によってお得に購入できる場合もあるため、資金をためている段階から、定期的に物件をチェックしておくと動きやすくなりますよ。

諸費用とは?

諸費用とは、契約書に必要な印紙税や不動産取得税、ローンを組む際の契約手数料などのことです。

目安として新築一戸建ての場合、物件価格の6%~10%程度かかるといわれています。

まとめると、初期投資額(頭金と諸費用)はあわせて、物件価格の20%程度があればベスト。

2,500万円の新築物件なら500万円くらいあれば安心、ということですね。

逆に新築戸建を検討するなら、このくらいの貯蓄があれば返済が楽になりますよ。

ローンはどのくらい借りられる?

住宅ローンの借入額は物件価格の80~90%くらいと上述しましたが、それは借り入れする方の年収によっても変わってきます。
これも金融機関によって異なりますが、一般的に、年収の30%×返済期間くらいが、ローンの借入限度額といわれています。

資金計画でいちばん大切なことは、この返済額。つまり、「いくらまで借りられるか」ではなく「月々いくら返せるか」ということに観点を置くことです。

不動産会社では、それぞれの資金状況にあったマネープランを立ててくれる会社もありますので、心配な方は相談してみるといいでしょう。