理想の新築一戸建ての探し方 福岡編

新築一戸建てをあつかう福岡の会社BEST5ココをclick!

福岡の物件相場と公共料金

九州・福岡の物価は安い?高い?住みやすさや新築一戸建てを購入する際の相場などを調査してまとめました。

福岡市の新築一戸建ての相場は?

福岡市の新築一戸建てでは木造2階建ての4LDKが主流の間取りで、相場は2,500~2,700万円くらいの物件が多くなっています。

ただ、天神や博多駅など都心部(中央区や博多区など)だと当然高くなり、平均相場も4,000万円台の物件も多くなってきます。
また沿線別でみても、福岡市地下鉄や西鉄沿線は人気のエリアともあって、JR線と比べるとやや高めです。JR鹿児島本線の場合、博多駅から小倉方面の東区などは穴場。2,000~2,500万円くらいの比較的リーズナブルな価格でも新築一戸建てが購入できます。

同じく早良区も価格は落ち着いています。大牟田方面の城南区などは、近年人気のあるエリアで3,000万円前後はするようです。
また、かつては安かった西区や南区は、地下鉄七隈線の開業によって徐々に高騰しているようです。

なおクルマが生活の一部となっている福岡市民ですから、新築一戸建てで見ると駅からの距離はほとんど差がないようにみられます。

福岡市の物価をチェック!

150万人もの人口を要する九州最大の都市・福岡市。

人口減少時代を迎えた日本でも屈指の増加エリアであり、物価も高騰し続けているように思われます。

ちょっと郊外のスーパーのほうが、食品などは安く手に入るので休日は3号線沿いのショッピングモールにお買い物される方も多いですよね。

公共料金に目を移すと、一戸建ての4人家族で電気代、ガス代はそれぞれ5,000~6,000円くらい(1カ月)で、全国の政令指定都市と比べてもほとんど同じです。

一方、これは高い!というのが水道料金。上下水道あわせて1カ月あたり6,000円くらい(一戸建ての4人家族の場合)にもなります。

福岡市は渇水に見舞われることも多い街。

水がめとなるダムもなく、近隣自治体の複数のダムから供給を受けており、水道関連施設の建設コストや維持管理費用が莫大となってしまうことが、水道料金に跳ね返ってきているのです。

使いすぎると1万円台になることもあるので節水に心がけましょう。